デジタルで変わる港の物流

港湾物流業務の効率化とコンテナターミナルのゲート前混雑の解消等を図り、
港湾物流全体の生産性向上を目指す

  • 港湾物流業務の効率化

    icon

    民間事業者間において紙、電話、メール等により行われている港湾物流手続をCyber Portを通して行えるようにすることで、非効率な作業の削減や手続の待ち時間短縮による業務の効率化や顧客へのサービス向上が可能となります。

  • コンテナ物流の生産性向上

    icon

    コンテナ搬出入予約、搬入情報の事前照合、ワンタッチゲート手続を行うことにより、コンテナターミナルのゲート前待機時間とゲート処理時間を短縮し、コンテナ物流の効率化を実現します。

  • データの提供・活用

    icon

    Cyber Portに蓄積される情報を利活用することや、今後構築されるCyber Portの港湾管理分野、港湾インフラ分野の情報などとも連携することによって、港湾物流全体の生産性向上や港湾の国際競争力強化が期待されます。

    ※令和3年4月時点では「データ提供・活用機能」は運用していません。今後、実装に向け取り組んでいきます。