概要|サイバーポート 国土交通省港湾局

概要

  • 課題
  • 特長
  • 導入メリット

課題

 港湾物流手続は、各社のグループ内や特定の事業者間での電子化は進んでいるものの、港湾物流に関わるいずれの業種においても、約5割の手続が依然として紙、電話、メール等で行われているのが現状です。このため、紙やPDFの情報を電子化するための再入力作業や、情報や手続状況の電話問い合わせなど、非効率な作業が発生しています。また、同様の手続でも事業者毎に書類様式・項目や接続方法が異なるため、これらに個々に対応する必要が生じています。
 また近年、コンテナ船の大型化に伴い、1回の寄港で積卸しするコンテナの数が増加しており、コンテナ搬出入トレーラーの到着が特定の時間帯に集中することが増えています。これがターミナルゲート前混雑の一因となっており、早期の解消が求められています。

Cyber Portとは

Cyber Portは、紙、電話、メール等で行われている民間事業者間の港湾物流手続を電子化することで業務を効率化し、港湾物流全体の生産性向上を図ることを目的としたプラットフォームです。

サイバーポートとは

Cyber Portの特長

  • Features01

    港湾物流手続の電子化

    民間事業者間において紙、電話、メール等により行われている港湾物流手続が電子化され、Cyber Portを通して行えるようになります。

    Icon
  • Features02

    手続のトレーサビリティ確保

    港湾に関わる民間事業者間で行われる物流手続の進捗状況が可視化できます。

    Icon
  • Features03

    各社の事情に応じた利用方法の提供

    各社の事情に応じて、①各社のシステムを通してCyber Portを操作する方法(情報連携API※1)と、②インターネット上のCyber Portの画面(GUI※2)を直接操作する方法の2通りの利用方法が選択できます。

    ※1 API:Application Programming Interfaceの略

    ※2 GUI:Graphical User Interfaceの略

    Icon
  • Features04

    様々なシステムやプラットフォームとの連携

    netNACCSとの連携は実装済であり、NACCSとの直接連携(システム間自動連携)も早期に実現します。また、利用者の利便性向上を目指し、国内外のプラットフォーム等との連携も検討していきます。

    Icon
  • Features05

    データの提供・活用

    Cyber Portに蓄積されるデータを匿名化し、集計データとして提供・活用します。また、NACCSと連携することで、集計データの充実を図ります。

    ※令和3年4月時点では「データ提供・活用機能」は運用していません。今後、実装に向け取り組んでいきます。

    Icon

CONPASとは

CONPASは、コンテナターミナルのゲート前混雑の解消やトレーラーのターミナル滞在時間の
短縮を図り、コンテナ物流を効率化することを目的としたシステムです。

CONPASとは

CONPASの特長

  • Features01

    搬出入予約

    搬出入予約制度を導入することにより、特定の時間帯に集中して到着するコンテナ搬出入トレーラーを分散・平準化できます。

    Icon
  • Features02

    搬入情報の事前照合

    Cyber Portで電子化した搬入票を活用し、トレーラーがターミナルのゲートに到着する前に、搬入手続(搬入情報とTOS情報の照合)が行えるようになります。

    Icon
  • Features03

    PSカード活用

    貨物情報をPSカードに紐付けることで、搬出入票の提示等を省略し、PSカード※のタッチのみで入場手続が行えるようになります。

    ※Port Security カードの略。港湾の制限区域への人の出入りを確実かつ円滑に管理するために国が発行するICカード

    Icon

Cyber Portの導入メリット

  • Merit01

    業務時間の削減とIT投資の節減

    港湾に関わる物流手続について、書類の作成・送信、データの取得・再入力、問い合わせ等に要する時間が最大約4割削減できます。
    また、事業者間で異なる書類様式・項目や接続方法への対応が不要となることで、システム改修費用が節減できます。

    ※港湾物流手続(輸出)における削減時間の試算結果より

    Icon
  • Merit02

    手続の待ち時間の短縮

    従来よりも早いタイミングでのデータ取得、関係者共有が可能となり、手続の待ち時間短縮による業務の効率化や顧客へのサービス向上が可能となります。

    Icon
  • Merit03

    各社のシステムと連携した物流業務の実現と、
    在宅勤務の促進

    各社のこれまでのシステムへの投資を無駄にせずCyber Portが利用できます。また在宅での物流業務が可能となり、ウィズコロナ時代に対応した業務環境が実現します。

    Icon
  • Merit04

    NACCS等との連携による業務の更なる効率化

    Cyber Portを通してNACCSの手続を行うことが可能となれば、港湾物流手続と税関手続のワンストップ化が可能となります。また、様々なプラットフォームとの連携により、更なる業務の効率化が期待できます。

    Icon
  • Merit05

    物流業務の効率化や政策検討への活用

    Cyber Portの集計データを活用することにより、港湾物流業務の効率化が期待できます。また新たな港湾政策・物流政策の立案にも役立てていきます。

    Icon
Cyber Port 体験版(ハンズオン)は
こちら

CONPASの導入メリット

  • Merit01

    ゲート前待機時間の削減

    トレーラーのターミナル到着の分散・平準化により、ゲート前混雑の解消とトレーラー待機時間の短縮が期待できます。
    試験運用では、搬入トレーラーの14%がCONPASで予約を行った結果、搬入トレーラーのゲート前総待機時間を約1割削減できました。

    Icon
  • Merit02

    急な情報確認や修正の減少

    ゲートでの搬入手続の際に書類の不備が見つかると、急な情報確認や修正が必要となり、ゲート前混雑の原因となっていました。
    事前に搬入情報の照合を行うことにより、書類の不備が減少し、ゲート前混雑の削減が図れます。

    Icon
  • Merit03

    ゲート処理能力の向上

    搬入情報の事前照合や、PSカードのタッチによる入場手続により、ゲート処理時間が短縮できます。
    推計では搬入情報の事前照合により実入りコンテナ搬入処理時間を6割削減できるという結果を得ています。

    Icon